新松戸で散歩をするなら自然豊かな「関さんの森」がおすすめ!

私は散歩が趣味なので、松戸周辺をよく歩き回っています。

最近は少し松戸市内を歩くことに飽きていたので「どこかいいところはないかな?」と地図を見ていたら、関さんの森という、あまりにも人の名前っぽい森がありました。

関さんの森、という言葉の響きが少し面白く感じてしまったので、次の休みにさっそく行ってきました。

関さんの森は住宅街に存在する!

新松戸駅から徒歩で15分ほど。ちょっとした坂道をのぼると、住宅街の中に大きな森が見えてきます。

こちらが、関さんの森です。

手書きで書かれた「関さんの森」がいい味を出していますね。看板があったので、近くに寄って読みます。

「関家の森」ではなく「関さんの森」というところがいいですね。親しみを感じます。

地図を見る限り、かなり広そうですね。夕方になるとすごく暗くなりそうな雰囲気です。

迷子になったときのことを考えるとかなり恐ろしいので、早めに歩きます。

関さんの森のサワラちゃん

森というだけあり、かなりたくさんの木が生えています。

そしてよく見てみると、木に名札がつけられていました!

今回私が一番気に入ったのは「サワラちゃん」です。

きっと子どもが書いたのでしょう。

サワラちゃんと、リボンやハート、星、それと…ゴムゴムの実…?

サワラちゃんにゴムゴムの実を与えたら、ゴムの木になるんだろうなあと、適当なことを考えながら先へ進みました。

自然の中を歩いていると、なんだかおかしな思考になるのは私だけでしょうか。

恐ろしいですね。

ポケモンが出てきそう!?な湧水池

サワラちゃんとたわむれ終わったので、先へ進みます。

きちんと整備されている道があったので、安心して歩けますよ。整備されていない道は危なそうだったので、必ずきれいな道を歩いてくださいね。

しばらく歩くと湧水池を発見!訪れた日は少し気温が高かったので、もはや沼のようになっていました。

ちょっとした虫もたくさんいました。虫が苦手な方は、必ず虫除けスプレーを用意しましょう。

虫が苦手なのに避けられるアイテムを持っていなかったので、ここは一瞬で通り過ぎます。

関さんの沼を抜けると、風景がきれいな場所に出ました。

ここが森の中の、どの辺りなのかは一切わかっていません。でも、周りが少し暗くなっている中に太陽の光が差し込んでいて、かなり美しいです。

数分間ボーっとしてしまいました。

よくよく見てみると、ちょっとしたポケモンが潜んでいそうですね。森ですし、キャタピーあたりでしょうか。

ぜひ捕まえてみたいものです。

木でつくられた遊具や橋も発見!

キャタピーに想いを馳せながら歩き回っていると、ちょっとした遊具を見つけました。

遊具…なのでしょうか。

のぼって、わたって、おりるだけ。立派な遊具ですね!

私は大人なのでちょっと不思議な目で見てしまいましたが、子どもにとってはこれも立派な遊具なのでしょう。

大人になるっていやですね。もっと素直な心で楽しみたいものです。

のぼってみようと思ったのですが、最近はケガの治りも遅いので、大事を取ってスルーしました。

ちょっと怖い橋もありました。先が見えません。この先へ進んだら殺人鬼の住む小屋がありそうじゃないですか?

なんて、関さんに申し訳ないですね。すみません。

すごく今更ですが、関さんって一体どなたなんでしょうね。

関さんの森は、関さんが寄付した森だった!

さて、そろそろ迷子になりそうなので帰り道を探します。

明るい方へ向かって歩くと、関さんの森に関する看板を見つけました。

関武夫さんという自然を愛している方が生前持っていた森を、ご遺族の方が(財)埼玉県生態系保護協会に寄付したんですね。

そして、関さんの森と名づけられて今に至る。納得できました。

それにしてもこんなにも広い森を持っていたなんて、どれだけお金持ちだったのでしょう…。

きっと地主ですね。うらやましい。私が関さんの遺族だったら売り払っているのに…とついつい思ってしまいます。

自然を愛している人がこの森を持っていて、亡くなったあとに意思を尊重してきちんと寄付してくれるって、なかなかの奇跡だと感じます。

奇跡が重なってうまれた関さんの森。ぜひみなさんも散歩に行ってみてくださいね。かなりリフレッシュできましたよ!

関さんの森
住所:千葉県松戸市幸谷108
アクセス:JR武蔵野線「新松戸駅」徒歩15分
     JR常磐線「新松戸駅」徒歩15分
営業時間:24時間

ABOUT US
編集部
編集部
地域情報の発信をサポートしているローカルパワーエンジン編集部です。 「この街に住んでてよかった!」「この街に住んでみたい!」と感じてもらえる記事をご提供していきます!